第43回伝統工芸日本金工展

  • HOME
  • 第43回伝統工芸日本金工展

展覧会概要

 日本における金属工芸の伝統は古く、弥生時代には朝鮮半島から青銅器および鉄器とその製作技術が伝わり、早くも銅鐸など日本独特の金属器を製作しています。
 その製作方法、技術は時代の影響を受けながらも連綿と受け継がれ、今日に至っています。
 伝統工芸日本金工展は、このように我が国に古くから伝えられている鋳金、鍛金、彫金等の金属工芸の保存と発展を願って、現代の生活に即した作品を創り、広く一般の方々に鑑賞して頂くとともに、批評を仰ぐことを目的として開催され、今回で43回を数えます。
 様々な素材から様々な技術によって制作された140点余りの作品により、伝統的な金属工芸の美しさ、楽しさを味わって頂きたいと思います。

開催期間 2014年5月3日(土)~6月15日(日)
開館時間 午前10:00-午後5:00
(但し入館は午後4:30まで)
休館日 毎週月曜日(5月5日(月)は開館)
入館料 一般500円・学生300円

※ 小学生以下(要引率者)・65歳以上の方・障害者手帳を
  お持ちの方は無料。
※ 大人の方以外は受付にて証明書のご提示をお願いいたします。

交通アクセス こちらを御参照ください >>
主催 公益社団法人日本工芸会
公益財団法人美術工芸振興佐藤基金
後援 文化庁、東京都教育委員会、朝日新聞社、
公益財団法人宗桂会、足立区、足立区教育委員会、
公益社団法人足立法人会
お問い合わせ 03-3888-7520
03-3888-7512(4月7日(月)〜5月2日(金)まで)

列品解説

5月11日(日) 15時から 内田篤呉氏(MOA美術館館長)
5月25日(日) 15時から 北村眞一氏(金工作家)
6月  8日(日) 15時から 鹿島和生氏(金工作家)
6月15日(日) 15時から 樋田豊郎氏(秋田公立美術大学学長)
文化庁長官賞 西由三 朧銀花器「悠」

文化庁長官賞 西由三 朧銀花器「悠」

東京都教育委員会賞 押山元子 銀赤銅撹拌文花器「あけぼの」

東京都教育委員会賞 押山元子 銀赤銅撹拌文花器「あけぼの」

朝日新聞社賞 山田藍 鍛銅銀彩花器「衣」

朝日新聞社賞 山田藍 鍛銅銀彩花器「衣」

石洞美術館賞 玉川達士 木目金花瓶

石洞美術館賞 玉川達士 木目金花瓶

PAGE TOP

石洞美術館〒120-0038 東京都足立区千住橋戸町23番地 TEL:03-3888-7520